大学を卒業して得られる保育士の資格とは

2年以上の大学や短大を卒業したら、保育士の国家試験を受けることが出来ます。しかし高卒などでも試験資格は与えられることもあるので、大卒の場合公務員保育士を目指す人が多いです。

保育士の資格を持つメリット

no.1

何があってもすぐに職を見つけられる

保育士は基本的にどこも人手不足と言われています。離職後も、資格を持っていれば再就職が非常にしやすいというメリットがあります。

no.2

資格手当などで給与待遇が良くなる

資格取得していれば、資格手当がつくので手取りの金額が多くなります。少しでも多く給与が欲しい人には大きなメリットと言えるでしょう。

no.3

保育士以外の仕事にも就きやすい

資格を持っているというのは信頼出来るとみなされるため、ベビーシッターなど、子供と接する仕事にも就職しやすく、重宝されます。

no.4

将来の自分のためにもなる

将来自分が子供を持ったとき、子供との関わり方の基本的な知識を知っていれば、子育ての役に立ちます。

no.5

専門知識は自分の財産となる

保育の専門知識を持っていることは、未来を担う子供を育てる、教育するという面で国の財産にもなります。

勉強

選ぶ際の基準について把握しておこう

保育士になりたいと思った場合には、基本的に養成学校に行く必要がありますが、その中でも四年制大学に行くのか短大に行くのか、それとも専門学校を選ぶのかを決めなければなりません。学校を選ぶ際の基準としては、どの程度の期間で資格を取得したいのかが大切になってくるでしょう。四年制大学の特徴は4年間の期間をかけて学ぶことです。大学では保育以外のコースもあれば、それを選択できるというメリットもあるでしょう。大学の場合には資格を取得するために4年間かかりますが、短大の場合には2年で取得できる可能性もあります。自分のキャリアプランをよく考えて学校選びをすることが求められます。また通学をすることになるので、自宅からどれくらいの距離があるのかを考える必要もあります。費用はかかるものの学校の近くに引っ越しをするのかどうかを考えたりしながら選ぶことも大切です。

注意点を事前に知っておこう

保育士になるために大学に通いたいと考えるのであれば、事前に注意点を把握しておくことも大切です。四年制大学の場合には、保育や幼児教育だけではなく、臨床心理士や特別支援教育などといった勉強もできるのが大きなメリットと言えるでしょう。保育士資格だけではなく小学校教諭や幼稚園教諭などの資格が取れる学校も多く見られます。もしも保育士以外にも取得したい資格が定まっているのであれば、本当にその大学に通って必要な資格が取得できるのかを事前に確認しておくようにしましょう。そしてもう一つ注意したいことは、四年制大学の場合には実習の時間が少なくなってしまうことです。保育の仕事は現場に出てから学んでいくことがほとんどなので、実習の時間が少ないからと言って特に心配する必要はありません。しかしどうしても心配な場合には、自分で実習できる保育園などを探すことが求められます。

広告募集中