HOME>記事一覧>公認会計士試験に合格するためにはどれくらいの勉強時間が必要なのかについて紹介します。

1日にかける時間はどれくらいなのか

計算

公認会計士になりたいのであれば、ある程度勉強時間をかけなければなりません。どのくらいの勉強時間が必要かというと、3,500時間が一つの目安となっています。受験期間の設定は1年半から2年くらいなので、1日5時間程度の勉強が必要です。サラリーマンなど働いている人には、結構ハードルが高いのではないでしょうか。しかし朝の時間や昼休み、通勤時間などを上手く活用すればクリアできる目標であるといえます。

財務会計論が合格のポイント

計算

公認会計士の勉強の中で一番時間がかかるのが、財務会計論です。計算と理論を合わせると勉強時間の割合の中で40%程度充てることになります。したがってこの財務会計論を完璧にすれば、合格できる可能性が高いです。

選択科目は経営学を選ぼう

仕事などをしていて公認会計士の勉強にあまり時間を割くことができないのであれば、選択科目は経営学を選ぶのがおすすめです。経営学はボリュームがあまりないので、勉強に時間かけられない人でも比較的取り組みやすいからです。

なぜこんなに時間が必要なのか

なぜ公認会計士の試験では膨大な勉強時間が必要なのかというと、試験範囲がとても広いからです。試験範囲が広い上に税理士試験のように1科目ずつ受けることができないので、一度にすべての試験を受けなければなりません。したがって勉強時間がたくさん必要になります。

広告募集中